本文へスキップ

腰痛・肩こり・坐骨神経痛、骨盤矯正で姿勢から改善、横浜市金沢区の 富岡西カイロプラクティック整体院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-775-0244

〒236-0052 横浜市金沢区富岡西4-78-31

改善例のご紹介(主に首の痛み・肩こりに関する不調(1)

お客様イメージ1お客様イメージ2お客様イメージ3お客様イメージ4

首・肩こりなどの施術例をご紹介いたします。ご参考下さい。

Mさん(20代 女性 横浜市金沢区能見台在住)首・肩の辛さ

Mさんは、首と肩の辛さに耐えかねて来院されました。腰のハリもあるそうで、身体全体で辛そうです。

調べてみると、腰の部分が大きく反っているタイプで、背筋が緊張しています。上体は影響を受けて胸部が反るため、アゴが引けています。
首は横から見た時に、軽く前に弯曲しているのが理想的なのですが、Mさんの場合アゴが引けているため、逆に後方に弯曲しています。
また、胸部も本来は、少し後方に弯曲しているのが理想的です。つまり、首と胸部が理想と逆になってしまっているのです。これでは常に、首と肩に負担が掛かり続けてしまいます。

施術の大きい部分は、実は骨盤です。骨盤の中心にあって、背骨の土台となっている仙骨が、「前のめり」のまま可動性が悪くなっていたのです。そのせいで、腰部の反りが大きくなり、上体に影響を及ぼしていました。
仙骨に可動性をつけるように調整して、全体の不均衡を弱め、それから首などの部分的な調整を行いました。

腰部の反りが弱まり、全体の弯曲が理想の方向に近づきました。首も逆の弯曲がなくなり、可動性も良くなりました。「だいぶ楽になりました、父親も腰が悪いので勧めます」と仰って頂きました。

このケースで厄介な事は、一見「姿勢が良い」ということです。腰が丸まってなくて、猫背でもなく、頭が前に出ているわけでもない。一般の人は、姿勢に問題があるなんて思わないでしょう。
首や胸部の適度な弯曲は、頭の重さを分散させるクッションのような役割を担っています。
「姿勢に人一倍気を付けている」という方に、首や肩の不調があることが意外と多いものです(”胸を張る”には誤解が多いです)。
一度、本当に正しい姿勢なのか、確認されることをおすすめします。


Mさん(40代 女性 横浜市磯子区杉田在住)肩こり・頭痛

ずっと以前から肩こりがひどく、頭痛も頻繁にあるとのことで来院されました。
病院では、市販の頭痛薬が合わないとのことで禁止され、処方された薬を使用するように言われたそうです。

調べてみると、首の骨の下部から背骨の上部まで、自由な可動性が失われている骨(歪み)がいくつも見つかりました。
首の骨や背骨は、小さいパーツの集まりですので、動きの悪い骨がいくつかあっても、他の骨が動いていれば生活に支障を感じることは少ないようです。そのため、ご自分では歪んでいることに気付けないのです。
しかし、この歪んだ部分は、筋肉の血行を悪くしたり、神経伝達を阻害して悪影響を及ぼします。また、代償的に動いている部分はオーバーワークとなり、痛みを発症する可能性があります。

施術は、先ず、一つ一つ動きの悪い方向や傾きを見極めて、痛みの無いソフトな矯正を行い、可動性を回復させます。
次に、何故この部分に歪みが出来てしまうのかを考慮して、不調を繰り返しにくい姿勢へと改善する施術を行います。

Mさんの場合、腰の反りが強く、その影響で背中から首がフラット(猫背の反対)になっている姿勢です。
背中から首の適度なカーブが失われているために、頭の重さを分散できずに負担が強く掛かっていると思われます。
骨盤、腰部を調整して反りを弱め、首から背骨も調整してフラット姿勢を改善しました。

2回目の来院時に経過を聞くと、翌朝から、寝起きの不快な肩のこりを感じることがなくなり、頭痛薬も使用していないとのことでした。
Mさんの場合、明らかに歪みが原因だったため、即時の改善につながりました。
ただ、姿勢の改善が安定するまでには何度か施術を要します。不調を繰り返さないために定期的なメンテナンスがおすすめです。
首・肩こりでお困りの方へもご参照ください。


Aさん(40代 女性 横浜市京急富岡駅在住)首・肩こり(右側に痛み)

首・肩全体がこっていて、特に右側は痛みがあるということで来院されました。

診てみると、確かに首の後ろから両肩まで硬くこっています。右肩が左に比べて下がっていて、首とでつくる角度が大きくなっています。
背骨を確認すると、首の付け根の部分が右に傾いたまま動きが悪くなっていました。このため、右側の首から肩につながる筋肉は伸びたままに、逆に左側は縮んだままで負担が掛かり続けていたと思われます。

首の付け根の部分を矯正し(軽い力で痛みもありません)動きの制限をとったところ、右肩の下がりもなくなり、全体の筋肉も緩んでこりや痛みを改善することができました。
このように部分的な歪みが原因と思われる場合には即効性があることが多いです。

今までは機械をかけに通ったり、塗り薬を貰っていたそうです。しかし、今回の様な場合には、歪みが正されなければ不調を繰り返してしまうのではないでしょうか。
首・肩の不調があって、片方の肩が下がっている方や、頭がいつも傾いている方は是非一度ご相談下さい。


Yさん(40代 男性 横浜市京急富岡駅在住)肩甲骨下部の痛み、肩こり

長時間のデスクワークの生活になり症状が出始め、最近は夜も眠れないほどの左肩甲骨内部の痛みがある。整形外科でのブロック注射もあまり効果がなく来院されました。

調べてみると、肩甲骨下部から上腕骨につながる筋肉が異常に収縮し盛り上がっています。そのせいで肩甲骨が上に移動し、体の外側に寄ってしまっています。
さらに骨盤は左に傾き後ろに下がっているので、背中の左側が全体に伸びてしまい、右側が縮んでいる格好です。肩甲骨にかなりの負担が掛かっていると思われます。

収縮している肩甲骨の筋肉を緩め、骨盤を整えて背中のアンバランスを正すと痛みをとることができました。しかし、この様な状態になる根本的な原因はやはり姿勢にあります。

横から見ると骨盤が前に移動し、背中の上部を丸めて頭を前方に出してバランスをとっている姿勢です。
普段から肩や腰に負担が掛かっている姿勢です。
また、胸の筋肉も収縮して肩が前方内側に巻き込んでいます。再び辛い思いをしない為に、この姿勢の改善が大切です。

(後日談)最初の来院時に、弱っている筋肉のエクササイズをアドバイスしたところ、真剣に取り組んで頂き、来院毎に体が変わっていきました。筋肉が目立つようになり、姿勢もかなり良くなりました。
聞いてみると、毎日かなりのエクササイズをこなしていたそうです。「結果が出るので楽しくなりました」とのことです。
負担が掛かる姿勢を改善すれば症状が改善できる事を改めて実感すると共に、本人の頑張りに感動いたしました。


Mさん(40代 女性 横浜市杉田駅在住)両ももの前面の痛み、両手のシビレ

両側のももの前面に痛みがあり、膝下も両側とも「冷たい感じがする」とのことと、両手にもシビレがあるとのことでした。いずれも両側に同等の症状があります。

立った姿勢を横から見てみると、腰部が大きく前方に反った典型的な過前弯タイプです。また、その姿勢を補うべく、首の部分は逆に前弯を失っています。
両手両足に同時に症状が出ていることから、頸部の神経に関係する重い要因を疑いながら慎重に問診と検査を進めていきました。
その結果、両足の症状と両手の症状は別々の原因により、適用の範囲内だったため施術に入りました。

腰部の背骨には、この姿勢の方によくみられる沈み込みがありました。これを戻すように施術を行うことでももの痛み、膝下の冷感はなくなりました。
首の方も前弯が失われている方によくみられる、筋肉の拘縮による圧迫があり、それを解放することで手のシビレをとることができました。

いずれも元になる原因は腰部の過前弯姿勢にあり、腹筋を強化し、腹圧を上げることが大切です。今回は1度で症状を失くすことができましたが、侮ってはいけない症状であることをお伝えし、真剣に筋トレに励んでいただくよう助言いたしました。

Bさん(70代 女性 横浜市金沢区京急富岡駅在住)手の痺れ

以前から右手に痺れがあり、整形外科で機械を当てても改善しないため、友人の勧めもあって来院されました。
先ず、下部頸椎による腕の神経圧迫を疑い、頭に押圧と牽引を加える検査を行いましたが、症状に変化はありませんでした。整形外科でも頸椎のレントゲンでは異常は見られず、手首辺りの問題ではないかと言われたそうです。
痺れている部位を詳しく伺うと、腕の一部や特定の指ではなく、全ての指先に症状があるとのことでした。
そのため、首や肩の前面を注目してみていくと、右の肩が前方内側に巻き込んでいて、首の側面の筋肉がかなり硬くなっていることが分かりました。
肩の巻き込みは胸の筋肉の緊張を示し、首の側面の筋肉の緊張は胸郭の出口に問題を起こす要素の一つです。この二つの部位に働きかけることで、首尾よく痺れをとることが出来ました。
念のため筋肉の付着部位をチェックし、普段の姿勢やストレッチの仕方をアドバイスしました。


Kさん(40代 女性 横浜市金沢区能見台駅在住)背中の張り・肩こり

ある時、整形外科でのレントゲン写真で自分の骨盤(仙骨)の傾きに驚き、また、普段スカートが回ってしまう事が気になり来院されました。症状としては腰痛ではなく、背中の左側の張りと長年の肩こりがありました。
みてみると骨盤の左側が後方に下がり、中心にある仙骨が傾いています。左右の骨盤の開き、閉じ方向の変位も相まって腰部全体が左に回旋していて、上体はそれを補うように捻られていました。
骨盤の左側と仙骨の傾きを正す施術を中心に行った結果、初回終了時は背中の張りはまだ残るものの、外側に向いていた足先が内向きに戻ってきたことを実感され、3回終了時には背中の張り、肩こりを生活の中で忘れているまでになりました。その後も症状が出にくいように骨盤の変位を正していき、順調に6回で終了となりました。見た目にも変位は判らなくなり、スカートも回らなくなりました。
このような変位は、長い時間の座り仕事の方に多くみられます。Kさんの肩こりの場合は、原因が骨盤の変位からくるもので、肩や頸椎に直接的な施術がないまま改善されました。同じ肩こりでも下記のSさんのように原因はさまざまです。お心当たりの方はお気軽にご相談下さい。


Sさん(60代 女性 横浜市金沢区京急富岡駅在住)肩こり・頭痛

かなりの筋硬直がある長年の肩こりと頭痛が出るということで来院されました。
普段から運動もされ、姿勢にも気を使っているのですが、無理に胸を張って姿勢をつくるせいか、頸椎に前弯が少ないようです。また、無意識に身体に力を入れてしまい、脱力することが苦手な徴候がみられました。
頸椎と骨盤の変位を矯正するとともに、自律神経や硬膜に働きかける施術を行い、今では頭痛薬を飲むこともなく、柔軟性のある肩を取り戻しています。調子を維持する為、一定の間隔で来院されています。


Mさん(50代 男性 横浜市磯子区杉田駅在住)右腕のシビレ

5日ほど前から右の上腕がシビレたままとのことで来院されました。
医療機関で首が悪いと言われ、薬を処方されていました。
施術に入ると、頸椎の調整をする前に骨盤調整を終えた時点でシビレは無くなりました。
骨盤を正しく調整することで、背骨や背中全体の筋肉、硬膜などの負担が改善され、腕に影響を及ぼす神経が通る頸椎の不具合も改善されました。
聞けば、パソコン作業を長い時間しているとの事でした。同じ姿勢を続けないことが予防になる事をお伝えしました。


Yさん(40代 男性 横浜市金沢区能見台駅在住)主に肩こり

会社で主にパソコンでのデスクワークが多く、慢性的な肩こりがありました。
「この状態が当たり前だと思っていた」と。
骨盤の変位からくる肩こりのタイプです。
初回で腰の軽さと首がよく回る感覚を実感され、その後3回でほぼ症状がなくなりました。
5回目で検査も不調の反応がなくなりました。
骨盤の変位からくる肩こりの場合は比較的順調な改善がみられます。
やはり長い時間の座り仕事の方は姿勢や重心の掛かり方のくせ、休憩に注意する事が予防につながります。



●只今、初めての方 ¥1000割引中です
今まで、思うような改善がみられずお悩みの方に、是非体験して頂きたいと考えております。

ネット予約はコチラから
※連絡事項にお困りの症状をご記入ください

RESERVA予約システムから予約する

電話でのご予約・お問い合わせは
TEL045-775-0244
*お問い合わせには必ず私(院長 向井)が対応いたします。
空き時間の確認、予約の旨、質問などお気軽にお問い合わせください。


当院からのお知らせ

【新型コロナ感染症対策について】
当院は、整体業が「生活の維持に必要な業種」として、休業要請の対象から外れたことを受け、お体の不調でお困りの方の、生活の質維持の為に、通常通り営業いたしております。
換気、マスクの着用、アルコール消毒の慣行に努めております。また、元々予約制で、時間あたり一人の施術しか行っておりません。
今後、更なる行政からの休業要請が出た場合には、休業を検討いたしますので、その旨は追って連絡いたします。

【ブログを始めました!】
このホームページだけでは伝えきれない情報や思いを、詳しく伝える場を求めてブログを開設しました。
上部のボタンから閲覧可能です。
不調でお困りの皆様の参考となれば幸いです!
・最新記事 5月27日更新

【湿布と手術の間にできることを!】

当院は、リラクゼーションではなく改善を目的とした整体院です。
腰や首・肩の不調を元から改善するためには、阻害されている神経の流れを正常に戻すことがとても重要であると考えています。神経伝達が阻害されると、無意識に筋肉が緊張して痛みやシビレが出たり、硬結ができて血流を悪くし、慢性的な症状を引き起こしたりします。
その神経の流れを阻害している原因は、中に神経が通っている背骨が、座り方の悪習慣などで出っ張ったり、傾いてしまうことにあります(ご自分では気付きませんが)。ですから、腰や首・肩の不調を元から改善するためには、どうしても背骨の歪みを正さなければならず、避けては通れないのです。
しかし、出っ張ったり傾いてしまった背骨を、極力ソフトに体に負担なく戻すことはとても難題です。どうにかしてこの難題を解決したいと、今まで何年もの間、実際に臨床で試行錯誤して作り上げたのが、現在行っているムカイ式整体法です。
当院が独自に開発したムカイ式整体法は、今までのカイロのイメージとは全く異なり、ご年配や女性にも安心な驚くほどソフトで何の痛みもない施術でありながら、背骨の歪みを正して神経伝達を回復します。
神経伝達が回復すると、無意識に緊張していた筋肉が弛緩し、痛みやしびれが改善します。脚を引きずって来院された方が普通に歩いて帰られた例も複数ございます。
「腰痛って本当に治るんですね」と言われることがありますが、それは、どうしても避けては通れない背骨の歪み直しを、痛みなく安心して受けられる機会がないからではないでしょうか。湿布を貼って、筋肉を揉んでごまかしているうちに、歪んだ部分の骨が変形してしまい、手術を迎えることになってしまいます。湿布から手術までの間にできることがあることを是非知って頂きたいと思います。
腰の痛み、重さ、お尻の下や脚の痛み、違和感、しびれ(坐骨神経痛)、首や肩のこり、痛み、頭痛、腕のしびれ、などでお困りの方は是非一度お試し頂きたく存じます。
(背骨の圧迫骨折や変性がある方は、思うような改善が見られないかもしれませんが、症状の緩和に繋がる可能性がございますので一度ご相談下さい。)
(非常にソフトな施術ですので、強くグイグイ揉まれたり、ボキボキされる満足感をお求めの方には不向きです。)
(院長向井)。

●初めての方に限り¥1000割引実施中!

空き時間のお知らせ

◆予約制です。お手数ですがネットか電話にて予約をお願いします。
◆ネット予約が可能になりました
カレンダーを見ながら簡単に予約ができます。
※連絡事項にお困りの症状をご記入ください。初回からでもできる限り効果のある施術を行うためにご協力下さい。
例)・腰が痛くて、お尻の下やももの後ろも痛くなる
・首や肩がこって、頭痛も出る
など


  RESERVA予約システムから予約する


●7月7日(火)
・16:00〜
・18:00〜

●7月8日(水)
・9:00〜
・16:00〜

●7月9日(木)は定休日です


※ネット予約では上記よりも先の日程の空き時間も確認できます。

※電話での予約もお待ちしております。
希望の日時とお困りの症状をお伝え下さい。

※土曜日、日曜日をご希望の方は、早めのご予約がおすすめです。

※上記の時間は目安です。その前後の時間でも融通がきく場合もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

当院での症状別改善方法

改善例のご紹介

休業日のお知らせ

《7月の休業日》
2日
9日
15日(第三水)、16日
23日
30日


tomioka-nishi chiropractic seitaiin富岡西カイロプラクティック整体院

〒236-0052
横浜市金沢区富岡西4−78−31
TEL 045-775-0244